注册 登录  
 加关注
   显示下一条  |  关闭
温馨提示!由于新浪微博认证机制调整,您的新浪微博帐号绑定已过期,请重新绑定!立即重新绑定新浪微博》  |  关闭

Life is Like a Nice Boat. .

 
 
 

日志

 
 

映画についての発表  

2010-06-26 11:25:24|  分类: ☆②·⑤次元☆【 |  标签: |举报 |字号 订阅

  下载LOFTER 我的照片书  |
あなたは、愛のため、死ねますか。
答えは、イエスかノーか、それは重要ではありません。重要のは、その愛は、あなたのここの中の完璧な恋になれるかどうか、それは自分しか知らないものです。
もしなれない、それは傷つけやすい物になります。
だから、本当は、愛のため死ぬのか、それとも、傷つきのためで死ぬのか。

じゃ、後で、みんなは、自分の答えを、こっそり教えてください。

まず、この映画を見るときの感想をちょっと話したいと思います。
まずは、最初、二人初めて会ったとき、女性の方はバーでウエートレスの仕事をしているでしょう。いろいろの喧嘩などを見たことがきっと多いはずです、だからどうしてすぐ男性の方を愛になったのか、多分彼女自身の本質は、そういうタイプ、或いはそういう生活に、妙な妄想がもっています。今までも、私は、男性の方がどこか愛に値するかわからない。多分そう理解しかできません。
次は、男性の方はとても矛盾なキャラクタで、それは、最初彼が、多分女性の方を自分の世界に巻き込まれたくなくて、何度も何度も女性を傷つき、彼女は自分からはなれてよかった、と。 でもその後、彼は彼女に非法のことをさせて、彼女を完全な売春女にしました。それは、どんな愛なのでしょうか。

愛は表現されてなくても、それは本とないといえません。でも映画とは、観客に何を表したいためで存在ものです。もし愛を表したいなら、もう少しだけ愛のシーン見せるのはどうでしょう、もし愛の痛みを表したいなら、何で痛みだけをあらわしてるのでしょう。それは、観客に何を伝えたいですか。映画の表現に基ついていないと、男女主人公のそんな恋を理解できません。画を見た時、ただあの二人の恋は、苦しい愛情だと深刻に感じて、でもどうして愛し合い、どうして、そうなに深刻にあいしあうのは、表現されていない、それは映画自体の問題だと思います。

多分愛は多少憎しみがついているが、でもこの映画では、私たちの見られるのは、殆ど憎しみで、愛の感じはあんまり不十分で、共鳴は少ないですから。

ネットでほかの人の感想を探したとき、一つの言葉を見ました、「私たちは、だんだん愛のため死ねる年代から離れていた。(基は中国語我们渐渐远离能为爱而死的年代)」

死は偉いですか、たとえ愛のため。 それは反駁できない。何でロミオとジュリエットのストーリは名作なの、それは、愛のためで死ぬの偉いさをあらわした。でもこの映画の中に、女子の死は、どこが偉いのはわかりません。私の目に見れば、それはただ男子のほうに罪悪感を与えるため、それに男子の仕方に絶望して、無駄に死ぬのだけです。家族や新婚の夫などに永遠な苦しみを与えるの仕方だと思います。

もし愛とは、そういうものならば、私は、一生愛されたくないです。もし愛は、必ず相手を傷つけ續かなければならないなら、私はそういうものがいらないです。もし愛は、ただ不安で、『あなたは、私のとこを愛しているか』と、いつもいつも聞いているのなら、面倒くさいから私はごめんです。

唯一つのこと、その人たちはそういうものが好きのは違いはない、でも私は好きじゃない、接触もしたくないです。だからそんなことはどうでもいい、私と関係ないから。
そして、関係なくてよかった。
---------------------------------------------------------------------------

この映画はすばらしいと思います。主題歌もす晴らしいで、何回も聞きました。
歌手の感性なちょっとかすれている声は、まるで主人公南部のこころの声で、罪と懺悔を語っていました。

いろいろな考えがあって、昨日曹さんもいろいろ話してくれました。私は、ちょっと簡単に話しましょう。
この映画を見てから、人類社会とは、私たち思ったより単純なものではないと理解しました。
昨日も討論した、一体報道の方が役に立てるのか、それともあの女の子の自分の手で、一人だけでも、一人ずつで救うの方がいいのでしょうか。
私は、どちらもあんまり役に立てないと思う。一人から、一つの団体まで、両方とも力が弱すぎで、この世と戦うのは無茶すぎると思います。
この社会は不公平です。この不公平さは永遠に存在つづあります。でもどうやって、自分の良心が認めて、そんな不公平なことの従犯にならないように、頑張らなければならなりません。
じゃ一つのたとえがあります。もし自分の命や家族の命は他人の命で救えることになったら、どうすればいいのですか。映画の中の翼の両親のように、罪悪を見過ごすのですか、それとも、親しい人を犠牲して道義を守りますか。

難しいでしょう、どっちもいやなので、選択しなければなりません。多分この後の人生のなかに、みんなもそういう問題に会えるかもしれません。いやでも、自分の正しいと思うことをし、永遠に後悔しないように、成るべき一番正確に近いのを選択してください。



最後、この二つの映画とも、人生や社会の暗い方を表現すると思います。その世の中、いいことのなかには、またいろんな内情が隠しています。多分、徐先生は、それを教えたがると思います。
その暗闇から逃げないで、それに直面することです。そして、もっと生活を大事にし、楽くてさまざまなことを受けて、それは成長だと思います。
  评论这张
 
阅读(40)| 评论(7)
推荐 转载

历史上的今天

在LOFTER的更多文章

评论

<#--最新日志,群博日志--> <#--推荐日志--> <#--引用记录--> <#--博主推荐--> <#--随机阅读--> <#--首页推荐--> <#--历史上的今天--> <#--被推荐日志--> <#--上一篇,下一篇--> <#-- 热度 --> <#-- 网易新闻广告 --> <#--右边模块结构--> <#--评论模块结构--> <#--引用模块结构--> <#--博主发起的投票-->
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

页脚

网易公司版权所有 ©1997-2018